人間関係

会話をするのが疲れる人の特徴

あなたの勇気のギアを上げる!ブロガーまあこです(^^♪

・あの人と会話をするのが疲れる

・あの人とコミュニケーションを取るのが苦手

と感じることってありませんか?

性格が合わない場合ももちろんありますが、そもそもそのような「会話をするのが疲れる人」には共通する理由があります。

この記事では「会話をするのが疲れる人の特徴」と「なぜ疲れるのかその理由」、そして「疲れない対策法」について解説していきます。

この記事を読み終えれば、今後はそんな人との会話が気にならなくなりますよ!

会話をするのが疲れる人の特徴

すぐにマウントを取ってくる

マウント」とは自分の優位性をアピールすることです。

・え、そんなことも知らないの?

・私(僕)はもっと前から頑張ってるけどね

・あいつ、大したことないよ

・つまり、それはあれだろ!結局そういうことだよ!

など、会話の中でとにかく相手よりも優位に立ちたい、相手を見下して自分の方が上だとアピールしたい人がいます。

わざわざこちらの話に落ち度はないかと見ていたり、自分の得意分野の話をひけらかします。SNS等で何かと絡んでくるのもこのタイプが多いと言えます。

「すごいね」や「知らなかった」と人から言われるのを待ちわびているタイプです。

相手の話を横取りする

こちらの話がまだ終わっていないのに、途中でさえぎって自分の話をし始める人がいます。

・あ~その話ね!それってあれだよね・・・

・でも本当はこうだったんだよ、あのね・・・

・私も行った、でもそこよりあっちの方が良かったよね、それでさ・・・

話を奪う、と言ってもいいかもしれません。

まだ話したいことがあるのに、とこちらは悲しくなりますよね。

ほとんど聞いていない

わずらわしそうに聞いたり、何か作業をしながら片手間で聞いたり、また相づちや返事をしてくれない人がいます。

・へ~そうなんだ・・・(興味なさそうに)

・携帯を触りながら聞く

・で?つまり何?(先をせかす、結論を急ぐ)

楽しかったことや嬉しかったこと、こんなビックリすることがあったんだよ!とこちらは共有したいのに、そのような態度を取られると、それ以上話す気が無くなってしまいますね。

共感しない

共感してくれない人がいます。

・なにが面白いの?

・くだらないよ

・別に興味ない

嬉しかったことや楽しかったこと、その感情を共有できるからこそ仲良くなれるのに、こちらの気持ちに一向に共感してくれないととても悲しいです。

すぐにアドバイスしてくる

こちらは特に解決したいと思っている訳ではない、ただ話を聞いて欲しかっただけなのに、すぐにアドバイスをしてくる人がいます。

・~しないからそうなるんだよ。もっと~しなきゃ

・なんで~しなかったの?ダメだね

・~すればいいだけじゃん

共感しない人と同様、自分の気持ちを理解してほしいだけなのに・・・と悲しくなります。

愚痴や悪口ばかり言う

話をする時はいつも誰かの悪口、もしくは愚痴ばかり言う人がいます。

・あの人ってさ、本当は~だよ、絶対!

・またあの人が○○したから、仕事が上手く片付かなかった!

・なんで私ばっかり~しなきゃいけないの?

事実なのかどうかも分からないのに、1つの話題を広げて好きなように解釈してしまう。正直毎回されると疲れてしまいますよね。

「でも」「だって」ばかり言う

その人の行動に問題があって、誰かに指摘されても

・でも○○がこうしてって言ったから

・だって~だと思っていたんです

・私だって~しないといけないと思ったけど、○○が~

ばかり言う人がいます。

このような言葉ばかり使うと、責任逃れ、言い訳、と取られても仕方ありませんね。

なぜ疲れるのか?その理由

会話をするのが疲れる人の特徴について、いくつか挙げて解説しましたが、ではなぜそのような人と会話をすると、疲れると感じるのでしょうか?

それは

「自分のことばかり」で相手のことを考えていないから

です。

分かりやすく言うと、そのような人は常に矢印が自分の外(他者)に向いています。

人から好かれる人、コミュニケーション上手な人は、矢印が内(自分)に向いていますが、会話して疲れる人というのは、自分の事しか考えていません。

心理学的にもう少し深く見ていくと、そのような人は「自己肯定感が低い」と言えます。

幼少期や今までの人生の過程の中で、うまく自己肯定感が高められないまま大人になった人と言うのは

・自分をもっと見てほしい

・自分のことを認めてほしい

という欲求が人一倍強いのです。

自分自身で自己肯定感を高めることが出来ないので、周りの人に満たしてもらおうとします。

ある程度、自分が我慢できる範囲で付き合うのであればいいのですが、度を超えてこちらに承認を求めてきたり、こちらの自己肯定感まで下げようとしてくる人は要注意です。

自分が「あの人と付き合うのはしんどい」と感じたなら、無理はしないこと。

正直、そのような人とは距離を置くのが正解でしょう。

疲れない対策法

会話をするのが疲れる人と関わる際、どう対策したらよいでしょうか?

とてもシンプルな方法があります。

決して相手の話に同調しない(合わせない)

これだけです。

共感しすぎてしまうと、「この人は自分を理解してくれる」と思われ、余計にあなたにばかり話をしてくるようになります。

相手がどんなにあなたに話かけてきても、同調しないようにしてください。

非言語(ノンバーバル)のコミュニケーションにおいても、

・頷かない(頷きすぎると共感していると思われる)

・表情をなるべく一定に(相手の表情に合わせない)

・感情を込めて返事をしない

これらを合わせれば、「この人自分の話に興味がないな」とか「あまり話しても楽しくない」と感じ、別の人を探しに自然と離れていきます。

「同調しない」が難しい場合は?

相手の立場が自分よりも上であったり、気を使う先輩や少し怖い相手の場合、上記の「同調しない」対策法が出来ないということもありますよね。

また、無意識に人から「嫌われたくない」と思っている人は、相手を拒絶できない、つい同調してしまうという人もいるかもしれません。

そのような方の場合は、しっかりと自分の心の扉だけは閉めて、相手に感情を持っていかれないようにしましょう。

心を閉ざして、顔だけは笑顔で、自分の心を守るのです。

心から相手に同調していると、感情を持っていかれてしまい、自分の本来の気持ちではない部分で感情が揺れ動き、とても疲弊してしまいます。

表面的にだけ相手に合わせるように意識すると、本当の自分の気持ちは守ることができますし、うまく自分の問題と相手の問題を切り分けることができます。

まとめ

上記で紹介した「会話をするのが疲れる人の特徴」について知り、「対策法」を実践して頂くと、今後はそのような人に悩むことがなくなり、そのような人のことも気にならなくなります。

最後にもう一度内容を確認しましょう。

【会話をするのが疲れる人の特徴】

  • すぐにマウントを取ってくる
  • 相手の話を横取りする
  • ほとんど聞いていない
  • 共感しない
  • すぐにアドバイスしてくる
  • 愚痴や悪口ばかり言う
  • 「でも」「だって」ばかり言う

対策法としては、

・決して相手の話に同調しない(合わせない)

・「同調しない」が難しい人は心の扉をしっかり閉め、感情を持っていかれないようにする

でしたね。

そして、最後に大切なことをお伝えしておきます。

本記事の内容は、

一歩間違えばあなたも同じことをしてしまっている可能性もある

ということを覚えておいてください。

無意識に相手を疲れさせてしまっていませんか?

相手に認めてもらおうとばかりしていませんか?

自分に置き換えて考えてみることも大切なことですよね。

ぜひ意識してみましょう。